アクセスアップの方法なら平賀正彦のサイト

このホームページはインターネットでアクセスアップの方法を学びたい方へ、無料リアルタイム診断と無料でノウハウを提供するために作成いたしました。まずは、平賀正彦のリアルタイム診断とメルマガを是非ご参考にしてください。

平賀正彦の独自配信メルマガ

起業家の休日はどれくらい?

投稿日:

起業家の休日は

先日、タイに駐在している会員さんとお話をした時のことです。

会員「日本って祝祭日が多いですよね。
年末年始、ゴールデンウィーク、シルバーウィークetc.」

平賀「外国は祝祭日が少ないのかもしれませんね」

会員「たぶん、日本が世界一多いのではないでしょうか」

というわけで、さっそく調べてみると確かに日本の祝祭日は多いですね。

15日間ということで世界第三位だそうです。

世界で一番多いのはコロンビアとインドで18日間。

ヨーロッパは全般的に祝祭日が少なくて、日本の約半分8日間程度だそうです。

ちなみに、その会員さんが駐在しているタイは16日間で世界第二位。

日本より多いというオチでした(笑)。

祝祭日が世界第三位という多さにも関わらず、プレミアムフライデーですよ。

あまり盛り上がっていないみたいですが、金曜日は午後3時に仕事を終えるという、
働き方改革と呼ばれているものです。

早めに仕事を終えるということで、夕方買い物に出かけたり、
家族と食事に出かけたりする時間ができるということなのでしょう。

個人的にはその分早く出社すればいいと思ったりするのですが。。。

それでは、私たちのような起業家というのはどのように休日を取っているのでしょうか。

私が起業したのは2003年になりますが、正直休みは無かったですね(笑)。

休みがなかったというか、忙しすぎて取れないんですよ。

当時はホームページ制作の仕事も一部受けていたため、
修正の依頼が頻繁に来るわけですね。

緊急の依頼だったりすることもあったので、夜中まで仕事をすることもありました。

その後、外注さんと契約することで徐々に時間ができるようになったのですが、
空いた時間は勉強に充てたりしていましたから、丸一日休みというのは無かったです。

起業当初というのは大なり小なりそんなところがあると思います。

しかし、ずっとこの状態を続けていると体や心を壊してしまいますから、
3年くらいの間に外注やスタッフに仕事を任せていくことが大事になりますね。

この段階になると自分の時間ができるようになって、一気に仕事がラクになります。

ラクになるというか、「余裕」が持てるようになりますね。

例えば、私の会員さんに河野竜夫さんという方がいますが、
彼は私の起業当初と同じホームページ作成とコンサル業務を行っています。

彼のクライアントのほとんどは海外在住の日本人なのですが、
驚いたのは月間の電話サポート時間が100時間を超えるということでした。

私のマックスが70時間だったので、100時間を超えるというのは驚異的です。

イメージ的には、ほとんど外出できないですよ(笑)。

しかし、スケジュールをやり繰りして年に数回は海外へ行っているそうです。

もちろん、海外の会員さんに会うためなので仕事の一環なのかもしれませんが。

同じく会員の桑原浩二さんもそうですね。

彼は物販の海外仕入れツアーなどを精力的にこなしていますが、
彼のスケジュール帳を見せてもらったら真っ黒ですよ(笑)。

休みがほとんどないようなスケジュールですが、
本人は至って元気のようですし、適度にリラックスできる時間もあるようです。

彼らがこれだけ忙しいにも関わらず仕事を継続してこなせているのは、
実は大きなポイントがあるんですね。

それは、パソコンとスマホがあれば場所はどこでも良いということです。

もちろん、事務所で仕事をするのがベストなのだと思いますが、
事務所外でも問題なくできるわけですね。

事務所で朝から夜遅くまで仕事をするとなると精神的に滅入ってしまうと思いますが、
事務所外でも仕事ができるということになると新鮮な気持ちになります。

外注やスタッフをうまく使うことも大事ですが、「場所」というのも大事な要素ですね。

店舗を持たないと仕事ができないというケースもあると思いますが、
これも考え方次第で店舗にいなくても通信機器のみで仕事をすることができます。

先程も書いた外注さんをうまく使って仕事をするのは同じことですよね。

今では電話だけではなく、LINEなどのメッセージアプリも多数あるわけですから、
工夫すれば何とでもなります。

というわけで、起業家の休日というのは自分次第ということになります(笑)。

休もうと思えば、1ヶ月の半分は休むことができるという方もいるでしょう。

休みを取って遊びに出掛けるのもいいのですが、私だったら勉強に充てたいところです。

効率の良い仕事の仕方を実践できれば自分の時間が増えてきますし、
昔ながらのやり方を行っていれば、いつまで経っても休むことはできません。

体は1つしかありませんし、時間も24時間しかないわけですから、
その中でいかに良い方法を見つけるかがポイントということになるでしょう。

メルマガ登録はこちらから

集客 請負人・平賀正彦のメルガマ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。
テンプレートのサンプルはこちら


-平賀正彦の独自配信メルマガ

関連記事

社長の報酬額が4倍になった事例

先日、7年ほどご入会されている会員さんとお話をしました。 この会員さんをAさんとしておきましょう。 Aさんがご入会された当初、年間の利益額は3000万円程度。 ここから社長の報酬を差し引いて、あとは会 …

no image

ノマド生活を満喫する3人の男達

先日、立て続けにノマド生活を満喫しているという会員さん3名と お話をする機会がありました。 ノマドというのは英語で遊牧民の意味ですね。 IT機器を使いながらオフィスだけではなく、さまざまな場所で仕事を …

no image

はじめて売れた瞬間

先日、会員さんから嬉しいご報告がありました。 自分で作ったホームページからはじめて商品が売れたというのです。 その商品というのはオリジナルの財布です。 許可を取っていないのでNさんとしておきましょう。 …

no image

売れる兆しをキャッチする

私の会員さんで教育教材を販売している人(Aさん)がいます。 彼は長年に渡って、3万円くらいの教材を毎月200万円くらい売っていました。 以前のメルマガでも書いたことがあるので、覚えている方もいらっしゃ …

no image

この3人が成功した理由とは?

先日、東京で2年振りの会員総会を行いました。 昨年は大阪で開催したこともあり、 久しぶりにお会いするメンバーもいらっしゃいましたね。 北海道や沖縄、海外から来ていただいた会員さんもいました。 九州の宮 …

■店名:インターネットビジネスE-情報局

■会社名:有限会社実践マーケティング協会

■会社所在地:
〒162-0824 
東京都新宿区揚場町2-18 川島第一ビル7F