アクセスアップの方法なら平賀正彦のサイト

このホームページはインターネットでアクセスアップの方法を学びたい方へ、無料リアルタイム診断と無料でノウハウを提供するために作成いたしました。まずは、平賀正彦のリアルタイム診断とメルマガを是非ご参考にしてください。

平賀正彦の独自配信メルマガ

コンプレックス商品をFBで売る?

投稿日:

コンプレックス商品をFacebookで得る

先日、ある会員さんと話していた時にフェイスブックの話題になりました。

会員「タグ付けって怖いですね。。。」

平賀「どうしてですか?」

会員「知らないうちに自分が写っている写真を掲載されてしまったんです」

平賀「それは設定で一旦保留にできますよ。自分のタイムラインだけですけど。」

会員「エッ!、そうなんですか。。。」

その方は30代の独身なのですが、ある女性が彼と一緒に撮影した写真を
タグ付けしたそうです。

そうしたら、仲の良かった女性と気まずくなってしまったのだとか。

いずれにしても、SNSは使い方を間違えると大変なことになります(笑)。

私も時々、こんな写真掲載して大丈夫なのかなと思うケースを見たことがあります。

しかし、以前メルマガで書いたと思いますが、
グーグル検索を使わない人が増えているのは事実です。

それでは彼らが何を使って情報を得ているのかというと、フェイスブックだったり、
ツイッターなどからだそうです。

つまり、SNSを使ったマーケティングがとても重要になってきていますし、
無視できないレベルになっているということですね。

ただし、先ほども書いたようにSNSというのは使い方がとても大事です。

これを間違ってしまうと、まったく反応が取れないばかりか反感を買ってしまいます。

例えば、先日、シークレットシューズを販売している岡田さんと話した時のことです。

岡田さん「検索エンジンの順位が上がると売上もアップします」

平賀「フェイスブックは反応が取れないかもしれませんね」

岡田さん「コンプレックス商品は難しいと思います」

なぜフェイスブックでコンプレックス商品の販売が難しいかといいますと、
「いいね!」を押しづらいという点が挙げられます。

誰が押したのかわかってしまいますからね。

フェイスブックページで記事更新をした時に、「いいね!」も押しづらいですし、
またシェアもしにくいのでSNS特有の拡散が期待できません。

それよりも、検索順位を上げるためにエネルギーを使ったほうが良いですね。

もちろん、告知という意味では効果は出ると思いますから、
まったく無駄というわけではありません。

どこにお金とエネルギーを使うのかという話ですね。

お金とエネルギーが十分に掛けられるのであれば、
考えられるマーケティングはすべてやったほうが良いというのが基本です。

さて、コンプレックス商品の対極にあるのがコレクター商品になると思います。

調べてみると、コレクター商品というのはアマゾンが使っている名称のようですが、
コレクション性の高い商品ということですね。

古くは切手だとかテレホンカード、最近ですと日本限定のフィギュアなど様々あります。

私の古い会員さんで、eBayを使ってコレクション性の高い商品を販売している人がいました。

その方はフィギュアやミニカーを中心に扱っていたのですが、
海外のマニアと徐々に友だちになって、その数が100人位になったんですね。

100人を超えたあたりから、eBayを使わずにメールだけで商品を販売していました。

例えば、ある日本限定のフィギュアが入庫したとします。

このフィギュアだったら、アメリカの◯◯さんかイギリスの◯◯さんが買うだろう、
と予想できるわけですね。

あとは、この2人にメールを送るだけで成約に持ち込むということをやっていました。

顧客がどういったコレクションをしているのかを把握しているわけです。

マーケティングコストはゼロなので、これほど効率の良いビジネスは無いですよね(笑)。

というわけで、コレクション性の高い商品というのは同じ人が何度も買うわけです。

まったく興味のない人からはどこに価値があるのかわからないのですが(笑)、
集めている本人にはとてつもなく価値があるのでしょう。

余談ですが、コレクションの代表格といえば切手ですよね。

ある人に聞いたのですが、世界的に希少な切手の相場というのは滅多に下がらないのだとか。

なぜだと思いますか?

切手の最大のコレクターがイギリス王室だからだそうです。

最大のコレクターが切手を持ち続けている間は相場が安定するということですね。

まったくマーケティングを行わずに、ほったらかしで売れる商品がベストだと思います。

そんな商品が独占販売できたら、凄いことになりそうですね(笑)。

しかし、なかなかそういった商品というのは見つからないのも事実なので、
そのターゲットに合ったマーケティングにお金とエネルギーを使う必要がありますね。

どのマーケティングが合っているかどうかを確かめるためには、
やはり、小さな実験を繰り返していくのがもっとも良い方法です。

メルマガ登録はこちらから

集客 請負人・平賀正彦のメルガマ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。
テンプレートのサンプルはこちら


-平賀正彦の独自配信メルマガ

関連記事

わかりやすさを追求する

わかりやすさを追求する

2年ほど前にこのドレスは何色かという話題がネットを賑わしました。 https://goo.gl/sRYVHE ドレスの色が「白と金」なのか、「青と黒」なのかということですね。 私の目には「白と金」にし …

面白いビジネスモデルを発見

面白いビジネスモデルを発見

先日、オートバイの販売店から定期点検(メンテナンス)のハガキが届いたので、 さっそく点検の予約を入れようと思って電話をしました。 ちなみに、この販売店は全国の有名チェーン店ですね。 その際に、盗難保険 …

no image

10年後に無くなる仕事とは?

先日、あるサイトを見ていましたら、 10年後に無くなる仕事のランキングが掲載されていました。 https://careerpark.jp/38103 このサイトによると、 1.電車の運転士・通訳・速記 …

no image

売れるサイトの色とデザイン

昨日、ネットで調べものをしていたら、幸運な人を10年間研究した心理学者 という文字が目に飛び込んできました。 リチャード・ワイズマンというイギリスの心理学者だということですが、 ライフハッカーより一部 …

no image

広告費がビジネスの成否を決める

10年近く読んでいる日刊の有料メルマガがあるんです。 このメルマガは毎日同じ時間に届くんですね。 ところが、先日は珍しく配信トラブルがあって、 届いたのは夕方というケースがありました。 皆さんもメルマ …

■店名:インターネットビジネスE-情報局

■会社名:有限会社実践マーケティング協会

■会社所在地:
〒162-0824 
東京都新宿区揚場町2-18 川島第一ビル7F